いろいろな肌トラブル

年齢に応じた対応も必要かな

美しい肌はいつの時代も女性にとって大切な宝。昔聞いた話で、外国の男性は日本人の女性の肌はキメ細やかで美しいと言うと聞いたことがあり、ギョっとしたことがある。おおよそ美しいヤマトなでしこなんて、現在の日本にどれほどいるのだろうか(^^;と言うのも、多分食生活の欧米化や女性の社会進出なども手伝って、日本女性も心身共にどんどんたくましくなり、肌もたくましくなっているという印象だから。元気の無い緑は、土を入れ替えるなど土台を丁寧にケアしてあげると、イキイキとよみがえってきたりするらしい。お肌も同様で、肌の地盤から丁寧に立て直すメンテナンスが美しいお肌の再生にいかに大事であるか、考え直すべく本屋さんに立ち寄った。ある、ある!スキンケアのノウハウ本が沢山並んでいる。それらを立ち読みするだけで、なんだかキレイになったような気がするのは、あまりにも浅はかだろうか(^^;
中でもお肌のケアの基礎とピンポイントメンテナンスに重点を絞った3人の専門家(皮膚科医と元化粧品開発者と栄養士)が書いた本を選んだ。年齢性別問わず、やはりトラブルのある肌は何となく薄汚れた印象を与えるのは事実。基本的なことからしっかり学び、日々のお肌のお手入れに役立てたい。もちろん、いろんなな人や本を参考にするのはいいことだと思うけど、結局はどれを信じるかによって結果は変わってくるんだろうなって思う。医師によっても異なる意見があるのと同じで、何でもそうだけど、参考になるものを自分なりに考えて、それを自分のものにできれば最高なんだけどな。ニキビ予防と洗顔のところでも書いたかもしれないけど、まあいいかな。